×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自営業者でも借りれる個人向け信用ローン

キャッシングカードにも様々な種類がありますが、自営業者でも借入ができる個人向け信用ローンというような条件。
お金が欲しいと思う状況はいろいろあると思いますが、休日でも申し込み可能など、融資実行までの時間に希望の条件がある時などは、カードローンの公式サイトなどで、パーソナルローンのの借入上限額や利用用途などをあらかじめ確認することが必要です。担保なしキャッシングローンの特徴を確認してより希望に合致するキャッシングローンを選ぶようにしましょう。

雇用形態と個人ローン:職種と審査判断について

いろいろな個人ローンのサイトの中のQ&Aなどの中で、「アルバイト、派遣、パートでもOK」や「夜の接客系の仕事をしていても借りれる〜」という文章が出てくることがありますが必ずしも金融会社は「勤めていれば平気」というわけではないので覚えておきましょう。
金融会社が好む職業はおおよそ、医師・弁護士・公務員・正社員・自営業・派遣社員・バイト・パート・主婦・学生・・・ということになっているといわれます。
ただ、平成22年6月に新しく導入された「総量規制」制度によって貸し出し上限額の上限見直しにより専業主婦の方への貸付は相当に難しくなっています。
自営業や自由業の方は年収の安定性が公務員の方などに比べ評価されにくいですから、敬遠される作家、日雇い作業員、水商売などの職業の方同様信頼を作るのが少し難しいです。
どの職種も勤務年数実績が低い業種、所得が不安定、電話連絡が取りづらいなどの点が、評価が得られない点として、共通しています。
消費者金融やクレジット会社などのカードローン会社は、支払いをせずに逃亡されたときに追跡調査が難しい・不可能となる職種を嫌っていますので、業種というのは、「融資の可否」、あるいは、借入限度額に影響が大きい項目といえます。

知っておきたい基礎知識:個人ローンとクレカの特徴について

両カードは少し性質がことなるものですが、お金を借りるという側面から、カードローンとクレジットカードを比べてみます。
一般的に考えられる例として情報をまとめているので中には該当しないカードもありますのでご理解の上読み進めてください。
金利などは金融業者の信用による部分が大きいですから、比べにくいですが、キャッシングカードは融資実行までの時間の速さと利用限度額の大きさといえます。
個人ローンとクレジットカードで特に大きな差は、お申し込みから借入が終了するまでに影響する与信の審査時間です。
何故かといえばクレジットカードはショッピングで使う場面などで支払い時にサインだけするのが利用時の基本スタイル。現金を借りるためのカードではありませんので、貸付をしてもらう目的で発行している金融ローンと比較すると、審査完了までの時間を早くする理由がないのです。
次にクレジットカードにはショッピング枠とは他にキャッシングの利用枠が設けられています。
銀行などが提供するカードローンと比較するとクレジットカードのキャッシング枠は利用限度額が低く割り当てられていることが多いです。
クレジットカードには「ガソリン代の値引き」や「ショッピングセーフティ保険」などのように業者により異なりますが、様々な特典のあるクレジットもあります。ひとつのカードでいろいろな利用目的がある中で全体を補うことができるカードがはないと思ったほうが良いと思います。
申し込みをしてから契約が終結するまでの時間や利用限度額上限などを考慮し、用途にあうカードを申し込むことが失敗しない大事なポイントなんです。

貸金業法改正後も融資実績の高いカードローンはコチラ




個人向けカードローン | 現金貸付カードローン | 無担保融資 | キャッシュローン | キャッシュローン | フリーローン | カードキャッシング | パーソナルローン | 無担保融資 | 個人向けカードローン |

サイトMENU

Copyright (C) 2011. All Rights Reserved.